暮らしてみれば

発見いっぱい! 転勤族の日常あれこれ

八丈島旅日記<1>

<1日目・2010年9月22日(水)>

午後からお弁当作り
梅おにぎり、明太子おにぎり、鶏とごぼうの煮物、たまご焼き

会社から帰った殿さまが汗を流して
午後8時、出発!!

私鉄、JRを乗り継いで「浜松町」へ
とんかつ屋さんでバタバタと夕食を済ませ
竹芝桟橋を目指した

前からはゆかた姿でほろ酔いの老若男女
東京湾納涼船を降りた人たちだ
(浮かれてにぎやか!ゆかた着ていくと1000円引きらしい)

窓口で乗船券を引き換えている間に殿さまは飲料を調達
10分ほどして乗船が始まった

奮発して特等を取ったのにバス・トイレが共同だった
(風呂はコインシャワー・10分200円なり)

シャワーつきの特等室がある船
東京湾納涼船に使われていたらしい
24日以降だったらこちらだったのに・・・残念

10時20分、定刻出航

家を出るときに汗を流してきたのに
駅に着いたときには汗だくになっていた
船でこの日3回目のシャワーを堪能
200円分たっぷりお湯を使って汗を流した

船は東京湾を静かに航行
窓の外は沿岸のライトがきれい!
キリン?
鉄塔がキリンに見えた!

こちらはぶれてへびみたい(汗)
こっちはへびかな??

湾内を航行中はTVが見られるとのことで
TVを見ながら晩酌!(おつまみは煮物)
伊豆大島が見えると外海へ
館内放送で翌日の八丈島の天気は
「雨・雷」と言われる「揺れるので注意」とも
波が静かなうちに就寝

朝方、三宅島・御蔵島に寄港
その度に停泊作業の音に目覚める
ガラガラ・ゴロゴロとってもにぎやかだった

船の揺れは思ったより少ない
7時半過ぎ、お天気が気になってカーテンを開けた
雨が降ってない!黒い雲も見えない(ラッキーとブログ更新

朝食はおにぎり!
ゲゲゲの女房を見ながら食べ過ぎる(笑)

8時半過ぎ、窓の外に八丈富士の姿が!
八丈富士

どんどん近づいてくる
下船準備をしながらもう一度パチリ!
八丈富士

9時5分、定刻より早く底土港に到着
下船して振り返って船を撮ろうと思ったのに
広い場所に出たらレンタカー店が出迎えてくれて
そのまま車に乗り込んでしまった

9時半、レンタカーに乗り込んでいざ!観光開始!!



2日目につづく
八丈島旅日記・2
[ 2010/09/27 10:00 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<2>

八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)


<2日目・2010年9月23日(祝)>


底土港からレンタカー店へ
手続きを済ませ、島内MAPをもらう
オススメ観光スポットを聞いて車に乗り込む

レンタカーは軽自動車
ナンバーは。。。。「品川」
八丈島って品川区?(笑)


台風が近づいているのでお天気は今日だけかも。。。
ということで晴れているうちに見晴らしのいい牧場へ


いい天気だけど微妙・・・
ふれあい牧場
海のほうがかすんでいるね
(写真はクリックすると少し大きくなります)

牛さん!!
ふれあい牧場

乳牛さんが草を食べてのんびり
ふれあい牧場

展望台から山側(八丈富士)
ふれあい牧場

さっき着いた底土港
あ!船がまだいるぞ~
ふれあい牧場

ぐ~っと拡大
ふれあい牧場

少し右にカメラを向けると
で~んと八丈島空港が!(土色のところです)
ふれあい牧場

さらに右にカメラを向けると八重根港
ふれあい牧場

泊まったホテルも写ってる!
ふれあい牧場

ぐ~っと拡大(笑)
ふれあい牧場

八丈富士は雲がかかっていたので周回道路はパス
底土港にもう一度行ってみようと下ることに

下り坂の途中で船を発見
ふれあい牧場
遠くからでも一応乗ってきた船が撮れてよかった


2日目は始まったばかり
まだまだ続きます


p.s.
今日から1泊で京都に行ってきます!
雨降りなのでPCは置いていくことに
なので旅日記の続きは明後日以降になります
[ 2010/09/28 07:46 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<3>

久々の旅日記再開です
忘れた方は。。。こちら↓

八丈島旅日記<1>
八丈島旅日記<2>


八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)


<2日目・2010年9月23日(祝)>


ふれあい牧場から底土港に来たけれど
船はいなくなっていたので登龍峠を目指すことに

くねくね峠道を走らせる
狭い道が続くので運転に気をつけるように言われたけど
ちゃんと相互通行できる幅があった
(愛媛の山道より運転しやすい)

楽勝で登龍峠に到着
登龍峠 
登龍峠

見えるのは八丈富士、底土港
登龍峠

この展望場所から先は民家もなく
地元の人もほとんど通らない道なのだそうだ
携帯の電波も届かないから「みはらしの湯」までの道は
通らないほうがよいとレンタカー店に言われた

が。。。他の観光客もどんどんそちらに走り去っていく
ここから愛媛のように細い道になるんだろうか
少々の不安はあったけど
行ってみたい誘惑に負け車を走らせることにした

道は広いままだった
くねくねもそんなでもなく快調
あっという間に「みはらしの湯」の看板を過ぎてしまった

前日から月の使者が来ていたわたし
温泉は無理だから予定通りの行動

中之郷地区にある「裏見ヶ滝」を目指した
裏見ヶ滝 
裏見ヶ滝

ココから上ります
裏見ヶ滝

途中、鳥居が(石が積みあがってます)
裏見ヶ滝

滝に到着してパチリ!
裏見ヶ滝 裏見ヶ滝 

滝の裏側を通って反対側に出て帰ります(帰りの風景)
裏見ヶ滝

滝の裏側は水しぶきがあったので写真撮れなかった

滝の近くにも温泉がいっぱい
でも。。。入れないから漁港を目指すことに

車を停めたところに足湯を発見!
足湯きらめき

これなら入れる!!と靴下を脱ぎズボンをまくってポチャン!
moblog_cb267bca.jpg
ブログ更新(ようやく11時半だ)

下には石が埋め込まれていて気持ちいい
足湯きらめき

ちょうどお湯の温度を見に来たおばさんに聞いたら
他の温泉は硫黄泉なのだけどココのは違うとのこと
安心して温めのお湯を楽しんだ

足湯の後は漁港まで歩いて下りる
足湯を見上げてパチリ!
中之郷漁港

海の色がとってもキレイだった
中之郷漁港

だけど、防波堤から外は。。。
中之郷漁港

釣り人が何人かいたけれど挑戦する気にならず
お弁当を食べられるところを探しながら再び車を走らせた


2日目はまだまだつづく
[ 2010/10/11 20:08 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<4>

八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)


<2日目・2010年9月23日(祝)>


藍ヶ江港(中之郷)から次の目的地は八重根港
海沿いを走って、昼食場所と釣り場を探すことに

途中スーパーを見つけて中に入ってみる
店の前には「椿の種入れ」と書かれた箱を発見
物産の椿油の材料を島民が集めているのね
(写真を忘れた・・・汗)

興味深く見学し、デザートを手に入れ再びドライブ

八重根港
八重根港
八重根港
天気が悪くなるからか人が少ない

さらに車を走らせるとキャンプ場が
テーブルがあったのでここでお昼ご飯とする
キャンプ場

夜食・朝ごはんに作った弁当が残っていたので
お昼もおにぎり弁当だ(やっと完食・笑)

デザートはさっき買ったこれ
焼きプリン
素朴な味でした(1個を2人で分けました)

しばし休憩をして、次は南原千畳岩を目指す
(と言ってもすぐだったけど・笑)

南原千畳岩

八丈富士が噴火したときに海に流れ込んだ溶岩が固まったところ
南原千畳岩

ここで釣りが出来ないかと偵察に行った殿さまをパチリ
南原千畳岩

戻って来るまでの間に八丈小島と千畳岩をパチリ
南原千畳岩
映画のタイトルバックみたい
パチパチ撮ってしまった(汗)

じっくり楽しんだのに、時間はまだ1時を過ぎたばかり

2時~4時に底土港に行くとお得なことがあるらしいと
レンタカー店で情報を仕入れていた
千畳岩から最短距離(島の真ん中を通る道)だと
かなり待たなきゃいけないので島をぐるっと行くことに
地図に展望台やアロエ公園があると書かれていたので
次はそこを目指すことにした

海沿いの道からは八丈小島が見える
景色に見とれていたら。。。目的地を見逃してしまった

引き返すのもなんだからと神湊港に立ち寄る
釣り人が何人かいた
少し見学してからいよいよ底土港へ

底土港
ここに着いたのはまだ数時間前なのに
もう島内一周してしまった(笑)

底土港
釣り人もたくさん!

2時になるのを待ってここに行った
底土港

金曜・土曜・日曜と祝日に開かれる「海遊魚まつり
無料で魚料理や島焼酎などが楽しめる

中に入ると漁協の女性が「いらっしゃいませ」と出迎えてくれる
テーブルには島焼酎がズラリ!
海遊魚まつり

テーブル(立ち席)で待っていると魚料理が運ばれてきた
海遊魚まつり
これで一人分!
コップに入ってるのはあしたばドリンク
ご飯があれば立派な定食だ!

メニューはこちら
海遊魚まつり
お弁当を完食してすぐだったけど
美味しくてペロッと食べてしまった

お客さんは観光客ばかりなので
横では海苔などのお土産が売られている
気に入ったら買ってね!って感じかな

車だし、昼間だし、焼酎は飲まなかった


島も一周したし、お腹もいっぱいだし
そろそろホテルに。。。と時計を見たらまだ2時半

チェックインは3時からだ
仕方がないので島の中心部を少々ドライブ
スーパーを見つけては見学
珍しいものはないかと見て回った



2日目はまだまだ続くのであった。。。

[ 2010/10/15 16:30 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<5>

八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)


<2日目・2010年9月23日(祝)>

おなかいっぱいだけどまだチェックインが出来ない
お店を見ながらあっという間に八重根方面に到着してしまった

まだ時間がある「ならば釣りをしよう!」と殿さま

「さっき見た千畳岩は??」と車を走らせる

千畳岩の少し手前にお雛様のような像が立っていた
何だろう??と降りて見る

宇喜多秀家像

宇喜多秀家の像
宇喜多秀家像

横にいるのは妻の豪姫
豪姫

秀家が八丈に流され離れ離れになり死ぬまで会えなかった二人
八丈の地で並んで故郷岡山を見ているらしい

写真でもっと近づけてあげよう
宇喜多秀家像豪姫像

宇喜多秀家公と豪姫の碑
宇喜多秀家公と豪姫の碑
書かれていることを撮ろうとカメラを構えたら
殿さまとわたしの影がキレイに写っている
波も写っているので文字よりそちらを優先してパチリ!

ここで釣り場所を探したのだけど
足場が悪く、波もあるので断念
漁港のほうがいいんじゃないかと
またまた島を横断し神湊港に。。。

意外とたくさんの釣り人がいた
神湊港

旅の途中だからルアー釣り
わたしは初めての挑戦だから釣れることは想定外
ただルアーを投げて巻いてを繰り返す
投げるのを失敗したり。。。でも楽しい

釣れないのでルアーを替えてみるがやっぱり釣れない(殿さまも・笑)
再びルアーを付け替える(最初のルアーに戻す)

再び投げて巻いてを繰り返す
と。。。手ごたえを感じて巻き上げた

釣れた!
釣れた!

赤エソだ!(コレが釣れるところはヒラメがいるらしい)

アップで(怖い顔だね・汗)
赤エソ

骨が多く、蒲鉾などの材料になる魚らしい
食べてあげることができないので海に帰ってもらった
「釣れてくれてありがとう!!」

空が暗くなって雨が降ってきた
これ以上は釣りができないので片付けてホテルを目指した

ホテルにチェックイン!
「オーシャンビューの部屋に変更させていただきました」って
予約した部屋より広いところに案内された

窓の外は。。。
オーシャンビュー
四角い影はホテルらしい
その向こうがランチを楽しんだ辺りです

殿さまはさっそく大浴場へ
わたしは部屋風呂でさっぱりする

夜のイベントを予約したので
おなかはあんまり空いてなかったけど
6時半に夕食場所へ向かった


2日目はまだ終わらない。。。(汗)
[ 2010/10/16 10:14 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<6>

八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)


<2日目・2010年9月23日(祝)>

18:30 大広間でお食事
お料理は順次テーブルに運んでくれる
わたしたちのテーブルの担当者は若いお兄ちゃん
丁寧に料理を説明してくれた

が。。。
そのときは「へぇ~」などと聞いていたのだが
今となってはナンだったっけ。。。って(汗)

まず食前酒はパッションフルーツ
写真を撮ったのだけどボケボケで
見ただけで酔いそうだったので画像はなしです(汗)

地魚の刺身・透明なのはアロエの刺身です
刺身

オクラ・パプリカ・明日葉となんだったっけ??(汗)
オクラ・パプリカと・・・

明日葉が練りこまれた何か(汗) 横にあるのは酒盗
すり身?

アロエの小鉢
アロエ

明日葉のおひたし
明日葉

白身魚のあんかけ
白身魚のあんかけ

すり身のお吸い物(ボケてます・・・汗)
すり身の吸い物

白身魚のソテー(ソースが何か忘れたけど・・・美味しかった)
白身魚のソテー

オクラの天ぷらとそば
オクラの天ぷらとそば

ご飯は白飯か玄米かゆが選べるので玄米かゆをチョイス
玄米かゆ

デザートは水まんじゅう
ソースはパッションフルーツ(酸味があってさわやかでした)
デザート

お肉が一切なかった
殿さまのアレルギー食品も出てこなかった
どれも美味しくてパクパク完食
もちろん島焼酎も堪能しました


食事が終わって、売店をウロウロ
イベントの呼び出しをフロント前で待つ

20:00

ホテルのバスに乗り込んだ
目的地は八丈植物公園

ここで八丈ビジターセンターが主催する
光るきのこ観察ツアー」のが無料で楽しめるの
(9月30日で終わってしまったようだが・・・)


メインエントランスでボランティアガイドの人から
傘と虫除けスプレーを借り準備万端
光るきのこが生育しているエリアに案内された

懐中電灯は禁止
携帯の明かりぐらいなら良いということで
みんな片手に携帯で暗がりを歩く
雑木林の一角に光るきのこが見つかった
小さい小さいきのこがちらほら
フラッシュも禁止なので悪戦苦闘してなんとかカメラに納めた

光るきのこ
光るきのこ

写真を撮っていたら雨が大粒になってきて
バスのところまで戻ったらズボンがびちょびちょ
ホテルのタオルを借りて拭きながら乗り込んだ

ホテルに戻ったのは21:00ごろ
再び風呂に入り、晩酌して就寝
長い長い2日目がやっと終了しました



3日目につづく
[ 2010/10/17 16:28 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<7>

八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)


<3日目・2010年9月24日(金)>

台風12号が近づいて夕べから雨風が強くなっている

ゆっくり起きて、とりあえず大広間で朝食

スクランブルエッグとサラダ、オクラ・キンピラ・漬物
朝食

冷奴
朝食

焼き魚
朝食

ドレッシングは手づくり(さっぱり!)
キンピラが業務用だったけどあとは美味しかった

部屋に帰って外をパチリ
天気が悪い

悪天候だからどこに行くか検討しながらブログ更新

とりあえず観光できる建物を目指した

歴史民族資料館」に入る(大人360円)

駐車場には「わ」ナンバーの軽がずらり
こんな雨の日に動いてるのは観光客しかいない(笑)

八丈島の歴史や自然、生活道具、椿油搾り道具、産業
流人コーナー、土器などがずらっと展示されている
各コーナーじっくりと堪能する(かなりのんびり見学した)

庭に都指定有形文化財の「高倉」があったけど
風が強かったので見に行かなかった


歴史民族資料館を出たらそろそろお昼
レンタカー屋に薦められたうどん屋さんを目指す

一休庵
店の向かい側の駐車場に車をとめて店に入る

手打ちの明日葉うどんが食べられる店
わたしは「野菜うどん」を頼んだ

炒めたたっぷりの野菜がかかっている
明日葉うどん

麺は緑色だよ~
明日葉うどん

お客さんはやっぱり観光客ばかり
女性はほとんどが「野菜うどん」を頼んでいた
スープに野菜のうまみが混ざり美味しかったです


おなかもいっぱいになり。。。
さて、どこに行こう??

ふるさと村ってのがあるらしいと車を走らすが
雨降りだからじっくりと探せない
しかたないので町役場のある(お店もたくさんある)通りを散策
またまたスーパーなどを探訪する

酒屋を見つけ入り、島焼酎を買う
宅急便で送る手配をすると
「台風だから着日はわかりません」と言われる

ドライブも飽きてきたので3時過ぎにホテルに戻った
夕食を7時に予約して部屋に
殿さまが風呂にでも行こうかな??と言っていたら電話が鳴った

フロントからだった
「急遽イベントが決まったのですが行きますか?」って

「台風で退屈だ」というツイッターを見た観光協会の人が
イベントを企画したからとホテルに案内が入ったのだとのこと
夕食まですることがなかったから「行きます!」と返事をした

4時にフロントに集合
またまたホテルのバスで送ってもらった


続きは明日!!
[ 2010/10/19 10:50 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<8>

八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)



<3日目・2010年9月24日(金)>

午後4時、ホテルのバスに乗り込んだ
(乗客は宿泊客5組)


悪天候で観光が出来ず「退屈だ」とつぶやいた人がいたらしい
それを見た観光協会の人が知り合いに声をかけ
「島太鼓」の会を企画してくれたのだ

急遽決まったため、ツイッターに書き込みして
ホテルに声をかけただけだったようだ

たまたま早くホテルに戻ったから参加できた
ラッキーだった

「場所は居酒屋です」
「ホントはお茶代に300円必要なのですが」
ホテルが出してくれるとのこと(ラッキー!!)

会場はホテルの人も行ったことのない居酒屋
道に迷いながらも到着
店に入ると太鼓の準備中だった

カウンターや座敷など、太鼓が見える場所に座る
島太鼓の説明と実演を見る
島太鼓

島太鼓は二人一組で演奏される
一人がリズムを取り、もう一人がアドリブで重ねるのだ

一定のリズムに合わせて一人ずつ体験
わたしもバチを握った
左手が難しかった

殿さまも叩いた
音楽をやっていただけあって上手だった

途中、ツイッターを見たというカップルも入店
ひと通り叩いたあと、店のママさんも叩いてくれた
(とっても上手だった)

しばらくして親子が入ってきた
太鼓を叩いている人の奥さんと子どもさんだった
ご夫婦で太鼓を叩いてくれた
とても息が合っていた

迎えが来るまで時間があった
「もう一度叩きませんか?」
そう言われて殿さまがバチを受け取った

一度目と違う叩き方に挑戦して楽しそうだった

迎えのバスが来て、ぞろぞろと帰った
店のお客さんはツイッターのカップルだけ
あの後どうなったのかな??
他のお客さんが来たのだろうか??
ちょっとだけ気になった


ホテルに戻ってお風呂に
殿さまは大浴場、わたしは部屋風呂
さっぱりして夕食会場に行った

今日の食前酒はハイビスカス
食前酒

小鉢は「たこうな(若竹)」「ネリ(オクラ)」と。。。もうひとつは忘れた(汗)
小鉢
オクラは「ネリ」と呼ばれ、大袋でスーパーに売られていた
毎食出てくる定番の野菜のようだ

お刺身
お刺身

島寿司
島寿司
刺身の漬けにからしで握られている
そのまま食べるのよ
さっぱりしていて美味しかった

焼き魚
粕漬け

あんかけ
あんかけ

茶碗蒸し
茶碗蒸し
ここで初めて殿さまのアレルギー食材が登場
もちろんわたしの器に飛び込んできた
エビ・松茸・うなぎ・くりがのっている
茶碗蒸しにうどんが入っているのは初めて
おなかいっぱいで食べきれなかった
(うどんはいらなかったかも。。。)

お漬物
昔たくあん
古漬けのたくあん

あまりにおいしくて配膳のおばちゃんに声をかけた
「これ!おいしいですよね!」って

おばちゃんも好きなんだそうだ
「若い人は残す人が多いんですよ」だって
と~っても美味しいのにもったいない

富次郎商店から仕入れてるんですよ」
そう聞いて、明日はココに行って買わなくちゃ!って思った

デザートはパッションフルーツ
デザート
さっぱりして美味でした



台風がどんどん近づいている
夜中に通り過ぎるとのこと
明日の飛行機が飛ぶことを願って就寝


4日目に続く

[ 2010/10/20 21:22 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<9>

八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)


<4日目・2010年9月25日(土)>

旅の最終日
台風は北上したようだが。。。まだ雨が降っていた

飛行機の1便(9:05発)は欠航が決まったようだ
わたしたちが乗るのは2便(14:05発)
その頃までには天気が回復して飛ぶだろう
なんて楽観しながら荷物をまとめ朝食会場に向かった

今朝は目玉焼きだ!
朝食

こちらは定番!
朝食 
朝食

しっかり食べたあと、荷物を持ってフロントに
と。。。ここでメール受信

「ご予約いただいている便の欠航が決まりました」って(ーー;

最終便に乗れなかった場合もう1泊しなくてはならない
フロントで聞いてみたら特別料金で延泊できるらしい
1泊2食で10500円(一人)とのこと
同じ部屋を用意してもらえると確認しチェックアウト

「とりあえず空港に行ったほうがいいですよ」
ってことなのでレンタカーに荷物を積み込んで出発

空港で空席のある一番早い便を調べてもらったら
月曜日の1便だという(とりあえず確保)
だめもとで最終便の空席待ちの整理券をもらう

空席待ち整理券

60番だ(ーー;
166席のエアバスに60も空席が出来るはずもない
延泊になるなら1時半に返えす予定のレンタカーも延長しなくては!

すぐに車に乗り込んでレンタカー屋を訪ね丸一日延長してもらうことにした

再び空港へ
翌日(日曜日)の空席待ちはいつ配られるのかを確認したら
「当日の朝7時45分から配ります」とのこと

夕方5時(最終便の空席確認)まで何もすることがなくなった
気分を切り替えて島内観光を満喫することにした

時間が早いのでまずは観光の最後に給油するGSの場所を確認
(最終便に乗れた場合はそのまま返せるように)
あとは道々観光し、ついでに配膳のおばちゃんに教えてもらった
「富次郎商店」の場所もチェックしなくちゃね!と車を走らせた

歴史民族資料館の前を通り過ぎ
「ふるさと村ってどの辺りなんだろうね~」なんて言ってたら
前日見たところからもう少し行ったところに看板を見つけた

細い玉石垣の道を進む

見つけた!
ふるさと村

この奥に昔の家が再現されている
ふるさと村

母屋
ふるさと村

高倉
ふるさと村
ふるさと村

閑処
ふるさと村
ふるさと村 
ふるさと村 

↑閑処
ふるさと村
↓マヤ

ふるさと村

誰もいないふるさと村を堪能
メイン道路に出て、次は服部屋敷を目指した


4日目は始まったばかり
まだまだ続きます(汗)
[ 2010/10/21 10:11 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<10>

八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)


<4日目・2010年9月25日(土)>

ふるさと村を後にし、小雨の降る中「服部屋敷」に到着

毎日朝10時から樫立踊りと八丈太鼓を上演している
わたしたちが着いたのは10分ほど過ぎたころ
入り口で観覧料を受け取るおじさんが
「もう踊りが半分済んじゃってるからそのまま入って!」と
無料で入場させてくれた(ちなみに観覧料は350円なり)

服部屋敷

踊りはホントすぐに終わった
この後観客を舞台に呼んで踊りを教えてくれる
(わたしたちは踊らず見学・笑)

次は八丈太鼓
服部屋敷
昨日の会で基礎知識があったので楽しめた

服部屋敷のすぐ近くに富次郎商店があった
2日目にプリンを買ったスーパーだった
真空パックの「昔のたくあん1本もの」をゲット
2本買って帰ったんだけど。。。
真空だったからもっと買っておけばよかったと
食べ終わってから後悔した(汗)

次に訪ねたのが「黄八丈」の織り元
ちょうど団体さんがいたので横から説明を聞いた
お土産をチョイスして次は「八丈地熱館」を訪ねる

駐車場で車を降りたら硫黄臭がすごい!
発電に利用できるだけの地熱があるんだもんね
硫黄を吸ってすこし頭が重くなった

映像のコーナーは団体さんの予約が入っていて
それが終わらないと見られないとのこと
あきらめて次の場所に向かう(早く硫黄から離れたかった)

まだお昼前だ
さらに車を進ませ2日目に素通りした「みはらしの湯」を目指す
駐車場からパチリ!
みはらしの湯
お風呂からもこんな景色が見えるんだろうね
硫黄泉だと困るので風呂には入らず港に下りる

洞輪沢港
波が高い!
釣りどころじゃないね(汗)

ひとしきり波を見た後昼食場所を探す

さっきの団体さんは郷土料理店に入っていった
わたしたちは。。。ホテルで堪能していたので
この日はラーメン屋さんに
殿さまはラーメン、わたしはチャーハン
おなかが空いていたので写真は撮らなかった

午後になってお天気が回復してきた
2日目に見逃した観光地を制覇しようと
大越鼻灯台とアロエ園を目指す

大越鼻灯台
ちゃんと駐車場があった

展望台に登って灯台をパチリ
大越鼻灯台
この先に本州があるんだよ~

左は八丈小島
大越鼻灯台

後はアロエ園だ
アロエ園
花が咲く頃に来たらキレイなんだろうなぁ~

ホントだったらこの時間に車を返し飛行機に乗ってた
こんなピーカンの写真は撮れなかったかも
5時まではまだまだ時間がある

こんなピーカンでもやっぱり2便は飛ばないのかな
様子を見に空港に立ち寄るがやっぱり飛ばないようだ

空港
八丈富士がとってもキレイ

ってことはふれあい牧場もキレイかも
空港を後にし、ふれあい牧場へ

空港前の道
空港前を通る道(この先は底土港)
何回通ったかわかんないぐらい行ったりきたりした
富士登山道入口を曲がり牧場を目指す

ふれあい牧場
パンフレットの写真みたい
来てよかった!

ふれあい牧場

底土港は白波が立っている
下りの途中の写真ポイントでパチリ

底土港方面

あの波を近くで見ようと底土港を目指した




4日目もまだまだつづくのであった
[ 2010/10/23 16:35 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<11>

八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)


<4日目・2010年9月25日(土)>

底土港にやってきた

レンタカー屋に船は絶対無理と言われた訳がわかった



こんな波のときに乗ったらヘロヘロになっちゃうよ
(乗ってもいいよって言われても遠慮しちゃうね・汗)


ひとしきり波を堪能してから「海遊魚まつり」会場へ
今日のメニューはこちら

海遊魚まつり

海遊魚まつり
海遊魚まつり
海遊魚まつり

お昼を食べてからしばらく時間があったので
今回も美味しく食べられた!

まだ3時前だ
時間つぶしに植物園に立ち寄る

植物園
八丈富士がキレイだね~

雨の中見学した光るきのこの集合場所だ!
植物園

復習してみよう!
植物園

ココを入っていくのね
植物園

左の木の茂みだったよなぁ~とパチリ
植物園
この右奥ぐらいにあった

ホントに小さいきのこだから
昼間では場所がよくわからなかった

園内をうろうろ通路にも花が咲いている
植物園
植物園

温室があったので入ってみた
植物園
植物園植物園
植物園植物園

夕方5時、空港にやってきた
一応荷物も持って。。。

最終便の空席は20何番で終わってしまった
飛行機も飛んでいってしまったので
再びホテルにチェックインするしかなくなった

ふと目の前にあるテーブルに目が行った
空港
欠航証明書があればクーポンがもらえるらしい
あまり大きな声でアナウンスしてなかったから
違う場所に座っていたら気づかなかったかも

さっそくANAのカウンターに行って証明書をもらった
欠航証明書
これを見せたら一人1000円のクーポンをくれた
(欠航したその日だけのようだ2日目以降はもらえないらしい)

ホテルでも使えたのでそのまま宿泊費に変身
1泊2食が9500円になった(ラッキー!)

朝キレイに片付けた部屋に再び戻ってきてしまった




続きはまた明日
[ 2010/10/24 08:57 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<12>

八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)


<4日目・2010年9月25日(土)>

翌日の空席待ち整理券をゲットするため
フロントで攻略法(?)を聞いたら
「確実に帰りたいなら6時半には空港に行ったほうがいいですよ」とのこと

明日の早起きのために今日はのんびりすることに

部屋に入り、とりあえず風呂に
殿さまはもちろん大浴場
わたしは。。。
最後に一度だけ入ろうと初めて大浴場に

「硫黄のニオイがかすかにしていた」そう聞いたのだけど
「じっくりは入らないから」と出かけた

風呂は貸切だった
確かに硫黄のニオイがしたけれど
久々の大きなお風呂に手足を伸ばして浸かってしまった
(考えが甘かったと後悔したのは家に帰ってからだった・汗)

さっぱりして浴衣で食事場所へ
今夜の夕食は。。。。

バラ寿司と南蛮漬け、昔のたくあん!
夕食

島海苔の和え物
夕食

海藻を固めたもの
「おきゅうと」にそっくり!ちょっと粗めかな??
夕食

定番のお刺身(アロエも定番ね!)
夕食

この旅初めてのお肉!
夕食
体が受け付けなくて一切れで挫折(やっぱ魚が好きかも)
タレはさっぱり系だったんだけどね~
夕食

魚のすり身の蒸し物(具沢山!)
夕食

デザートはパインだよ~
夕食

この日の食前酒は梅酒だったのだけど
お兄ちゃんが「アロエです」と言ってしまった
「間違えたのでアロエもお持ちしました」って
1杯おまけしてもらっちゃった

部屋に帰って軽く晩酌
朝、パッと出られるように準備をして就寝


<5日目・2010年9月26日(日)>

6時に起きようと言っていたのに
いつもの時間(5時半)に目が覚めてしまった

わたしがごそごそしていたら殿さまも目を覚ました
カーテンを開けて外を見ながら歯を磨いていた殿さまが
「もう出かけている人がいるよ!」って
日曜日だし早くから人が並んでいるかもってことで
バタバタと着替えてとりあえず空港に行くことに

空港にはもうすでに人が並んでいた
交代で並んでいる人もいたので
ほんとうは何人待っているのかわからなかった

並びながらブログ更新

7時45分、ようやく受付開始
受け取った番号は「22」「23」
空席待ち番号

受け取った時点で1便には乗れないことが決定していた
2便のアナウンスは13時50分
それまでは空港にいてもしかたがないので
再びホテルに戻り朝食会場に向かった

サラダ(あれ?今朝は卵がのってない)
朝食

と思ったら横に玉子焼きが置かれていた(ちょっと食べちゃった・汗)
朝食
朝食には昔のたくあんが登場しないの(残念)

焼き魚
朝食

ご飯とお味噌汁は撮り忘れた

豆腐は。。。
朝食
なぜ納豆がのってるかな~
別の器に入れててくれればいいのに。。。

ホテルの食事で食べきれなかったのは
茶碗蒸し・牛肉・納豆豆腐だけ
全体的に好みの味で美味しかった


食べ終わったらチェックアウト
レンタカーを返す13時半までまたまた観光に繰り出した


あともう少しつづきます(汗)
[ 2010/10/29 11:04 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(0)

八丈島旅日記<終>

八丈島MAP
八丈島MAP
(クリックすると別画面が開きます。さらにクリックすると大きくなります)


<5日目・2010年9月26日(日)>

お天気のうちにもう一度釣りに挑戦しようと八重根港へ
八重根港
向こうに写っているのは八丈小島

低い位置は波が打ち寄せ濡れてすべる
堤防に上がってフライを投げる

やっぱり波が高い
何度か地球を釣ってしまった(汗)

今度は殿さまが。。。
赤エソ 
赤エソ、コレしか釣れないね~
持って帰れないので海に帰ってもらった

釣竿を片付け、この旅何度目かの千畳岩(汗)
千畳岩 千畳岩

時間がまだまだある
こちらも何度目かの八丈植物公園
ビジターセンターに着いたら雨が降り出した
慌てて殿さまが車まで傘を取りに行った

「八丈に来たらキョンを見て帰らなくちゃ!」

殿さまが言うので少し小降りになってから小屋を目指した
八丈植物公園

矢印を曲がり、石畳を進む
八丈植物公園

キョンの小屋の手前に鳥小屋があった

ホオジロカンムリヅル
ホオジロカンムリヅル

キョン(初対面です・笑)
キョン
遠くてボケちゃった

裏にまわると屋根の下でくつろぐキョンを発見
キョン

八丈島から帰ってきて、ニュースを見たら
房総半島では野生化したキョンが畑を荒らしていると言っていた
沖縄のどこかの島のクジャクもそうだけど
遊園地などの目玉として人間の都合で連れてこられた動物たちが
ほったらかしにされて野生化して家畜の餌や畑の野菜を荒らす。。。
動物のほうも「迷惑って言われてもね~」と思っているだろう


植物公園を後にして、お昼ご飯
ホテル近くのレストランで食べた
カレーサラダ
お店自慢の特製カレー&サラダ
なんか久々に生野菜を食べた

ガソリンを満タンにし空港の駐車場へ
13時過ぎに車を返却し、空港で空席待ち開始

2便の空席は20番で終わってしまった

が。。。
「最終便ならお席が取れますよ」
横でわたしたちより後の番号のカップルにANAの人が声をかけていた

殿さまに即刻報告
ANAのカウンターに行ったらあっさりと席を確保できた
手荷物カウンターに行って大きな荷物を預け身軽になった

最終便は17時過ぎ、まだ3時間以上ある
レンタカーを返してしまったので空港にいるしかない
昨日帰るつもりだったからお土産も買ってしまってるし
時間つぶしに喫茶店に入った

ケーキセット
このケーキセット、超お得メニューだった
コーヒーだけの場合と同じ値段なの
どちらもコーヒーは飲み放題

地方空港で客も少ないから
何時間ねばっても何も言われない(笑)

座りつかれた頃にようやく搭乗の案内がかかった
手荷物検査を済ませて搭乗口へ
乗る予定の東京からの飛行機が上空を旋回している
これが降りて来なかったら帰れない

何度目かの旋回の末飛行機が降りて来た
ここでやっと「帰れるのね!」と実感した

夕方の飛行機だから、乗ってすぐ日が沈んでいった
飛行機
羽田空港に着いたら真っ暗

初めて第2ターミナルに降りたのだけど
飛行機から出口までが遠いのなんのって
10分以上かかった

殿さまに荷物を任せてバスカウンターへ
帰りのバスチケットを買って戻ってきたら
荷物を受け取った殿さまが立っていた

普通飛行機の手荷物ってすごく待つじゃない
でも八丈島便は手荷物場に着くのに時間がかかったから
すぐに手荷物を受け取ることが出来たらしい

バスの時間まで第2ターミナルを探検、ブログを更新

午後8時過ぎ、無事に家に帰ることができた


島の旅をするときには
日程に余裕を持ってでかけること
天候などで延びたとしてものんびり楽しむこと
じたばたしてもどうにもならないんだもんね

八丈島はのんびりするにはとってもいいところでした
人はみんな親切だし、食べ物は美味しいし
硫黄泉さえ避ければ何日いても楽しめそうです


おわり。。。
[ 2010/10/30 12:03 ] 八丈島(旅日記) | TB(-) | CM(2)